Archive for the Category » 海水浴とダイビング «

海水浴を心待ちにしていた方!海開きですね

7月に入れば…もう遠慮なく海で泳いでもいい!

そうです、沖縄や東京の諸島部などの一部地域を除いて、

7月は海開きとなります

「海水浴」が可能となるのです

 

サーフィンやダイビングをやっている方は、

1年中海に入っているのでしょうが、

海水浴はこの時期にしかできませんね

 

海開きの行事は各地様々

まずは、海水浴場が安全に遊泳できるかどうかをチェック

水質検査やごみの除去などを入念に行います

併せて、海の家などの準備も完了

 

海開きの日に神主様をお呼びして安全祈願をする

大規模なイベントを開催する

安全で楽しい海水浴シーズンをスタートさせます

 

海は私たちにたくさんのことやものをもたらしてくれますが、

絶対に安全である保障はありません

 

その中で、海水浴場は遠浅の砂浜で穏やかな波である、

と各自治体が決定している場所です

その海水浴場だけのルールやきまりもあるでしょう

喫煙や飲酒の条例もありますよね

 

「混雑するから」

「自分だけなら」

「地元だから」

そんな理由で、多くの人が楽しみにしている海水浴場を台無しにしないように

海水浴を楽しみにしてくれているたくさんの人に、

安全と安心を感じながら泳いでほしい

 

そんな気持ちで海開きを行っていると思います

この夏、ルールを守って海水浴を楽しんでくださいね

ダイビングを1年中楽しむために…

真夏の海水浴のシーズンは終了してしまいましたが、秋に向かっているこの時期こそがダイビングシーズンじゃありませんか?

 

海水の温度も落ち着いてくるので、ダイビングをしながらの海中散歩もより視界がひろがるものです

ここから冬にかけてのダイビングシーンで、重要で欠かせなくなるアイテムがブーツやグローブですよね

 

ちょっと地味かもしれませんが、長時間海水の中にいる人間には大切な手足を守ってくれる重要アイテム

特にダイビング初心者の方こそ、各シーズンや潜る海に合わせてきちんと選んでもらいたいアイテムがブーツやグローブです

 

ブーツは、ボートダイビングにも岩場からのダイビングにも必要不可欠なものです

どういうシーンでダイビングするかにもよりますが、ボートならばすべらない素材、ビーチならば岩場で怪我をしない素材、という風に考えていいでしょう

フィンがあるから素足でも…なんてやめてくださいね

 

グローブは、シーズンごとに厚さや素材のバリエーションがあります

ここからの季節であれば、寒さ対策も合わせて、水の侵入を防ぐぴったりフィットするタイプがオススメでしょう

あまり薄手のタイプだど、岩に触ったつもりがおこぜだった…とケガの可能性も注意

 

1年中楽しめるダイビングだからこそ、シーズンの変わり目は注意してくださいね

ダイビングで準備するか最後まで迷うもの

ステキな海!ときたら、ダイビングやシュノーケリングでその海中まで満喫したい!

 

そんなたくさんのステキな海を楽しむためにダイビングライセンスを取得

機材やウエットスーツ、準備は抜かりなく行いたいですよね

必要なものは揃えてみた…最後に用意するかどうか悩むのは…

 

「水中カメラ」じゃありませんか?

自分で潜って自分でその海の中を撮影する、心躍ります

 

防水デジタルカメラは、意外と専門的なものじゃなくて初心者向けからあるんです

お子さんに持たせて安心なものから、ダイビング初心者の方、より深い水深まで対応したもの、様々なものがでているので選ぶのは楽しくもあり、値段もけっこうかかりますから

慎重に検討したいものです

 

スマホの機能が発達していますから、日常生活やプールサイドや海辺などでは防水カメラの出番は減っていますよね

だからこそ、1年の数回使用できるかどうかの水中カメラの購入は勇気がいります

何と言っても、手入れをしておかなければいざという時に使用できないのも水中カメラ

 

ダイビングをする際にだけ、水中カメラをレンタルできるオプションもあります

すでに持っているデジカメに防水ハウジングだけ用意することもできます

 

何はともあれ、ステキな海でのダイビングやシュノーケリングのお伴としてカメラのご用意は念入りにしてみてください

Category: 海水浴とダイビング  Comments off

初潜りは済みましたか?

新年、明けましておめでとうございます!
すでに松の内も終わり、
ご挨拶が遅れてしまいましたが、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

元旦に富士山に登ったり、
近所の開けた場所に行って、
初日の出を拝むという方は多いようですが、
ダイビング好きな方はやっぱり初潜り!ですよね。

このお正月も早くもひと潜り済ませました!
なんていう方も多いのではないかと思います。

ちなみにワタシはいまだひと潜りもしていません・・・。
早く今年もダイビングして身を清めたいと思ってます。

いまどきオススメのダイビングスポットといえば、
宮古島ですね~。
宮古島のダイビングショップのサイトによれば、
気温は15度前後で水温は23度ほど。
透明度も25メートルとあって、
まさにダイビング日和!がつづいているらしいですよ。
冬本番!の1月とは思えない、
南国宮古島ならではのコンディションですよね。
あ~、南の島に住んでいる人が羨ましい!

関東エリアでも伊豆海浜公園や初島なんかが良いみたい。
とくに初島なんて、
初潜りには最適なスポットなのではないでしょうか?
初島へは熱海からお船でアッという間。
潜った後は熱海でゆったりと温泉三昧なんていうオプションもあり。
ワタシの今年の初潜りは初島に決めた!です。

Category: 海水浴とダイビング  Comments off

ストレス解消にはダイビングが1番!

今年もいよいよ本格的な秋の到来ですね。
気温が急に下がったり、木枯らしも吹いたりと、
このごろ一段と秋の深まりを感じる気候となってきています。

秋のレジャーといえば、紅葉狩り!
というのが定番。
紅葉を眺められる露天風呂のある旅館で、
美味しいお料理をいただいたり、ゆったりと温泉につかったりすれば、
もう気分はサイコー!
やっぱり日本の秋は紅葉と温泉で決まり!
だと思うのです。

でもでも、
そんな当たり前の秋の過ごし方では満足できない方だって、
きっといるはず。
そこでオススメしたいのは、ダイビングを始めてみること。
夏にダイビングを楽しむ初心者の方は多いようですが、
秋の方がダイビングスクールだって空いていて、
楽しく気軽に始めることができると思いますよ。

ダイビングの素晴らしさというのは、
やはりなんといっても異世界を経験できるということ。
日本は海に囲まれた島国ですし、
海岸線が長いので海って身近な存在ですよね。
でも実際に海に潜ってみないと、
海の中の世界というのは分からないもの。
海に潜ってその世界を体験すれば、
日常のストレスなんていっぺんに吹き飛んでしまいますよ。
ホントの海を知りたいなら、
やっぱり1番はダイビングをしてみることだと思うのです。

Category: 海水浴とダイビング  Comments off

ダイビングでお宝発見!

第二次世界大戦でアメリカ軍に撃沈されたまま海の底に沈んでいた戦艦武蔵。
先日、マイクロソフト社の共同創業者であるアメリカの大富豪ポール・アレン氏が、
武蔵を発見した!とツイッターに投稿して注目されています。
アレン氏は幼いころから戦史に興味を持ち、
8年前から戦艦武蔵の捜索をつづけてきたそうです。
所有する大型ヨット「オクトパス」をベースに、
無人海底探査機を操縦して、調査をつづけ、
とうとう武蔵を発見したみたい。
共に海底に没した日本海軍の多くの人々が眠る武蔵ですから、
その扱いはデリケートなものになりそう。
今後の調査の行方を見守りたいものですね。

この発見だけでなく、海というのはさまざまな発見の宝庫。
先日もあるダイバーが撮影した動画が話題になっていました。
それはフィリピンのティカオ島沖で潜っていたダイバーが発見したもので、
ほのかな蛍光ピンクの光を発するチューブ状の大きな生き物。
映像を見ると、その神秘的な姿がフツーの生き物だとはとても思えません。
専門家によればそれは「海のユニコーン」と呼ばれるホヤの群生なのだそうです。
映像で見てもビックリなのですから、
海の底で実物を目にしたら、どんな気分になるのでしょうね。
いつか私もそんな海の宝と遭遇してみたいです。
世界各地のダイビングスポットに潜っていれば、
そんなサプライズにも出会えそうです!

Category: 海水浴とダイビング  Comments off

春からダイビングはじめよう!

今年ももう3月。
春からなにか始めたい!とお考えの方は多いのではないでしょうか?
そんな方にオススメしたいのは、ダイビング!
いまのうちにライセンスを取得しておけば、
今年はめいいっぱいダイビングを楽しめると思います。
新しいことにチャレンジして、
自分の世界を広げてみたいという方にはダイビングがピッタリ。
この世界が地上だけでなく、
海のなかにまで広がっているんだということが実感できて、
世界観がガラッと変わっちゃいます。
世界が広がると、生活が充実してきちゃいますよ。

関東エリアでダイビングのライセンスを取りたいな~という方には、
伊豆あたりのダイビングショップがいいかも。
近くて行きやすいですし、
海がとびきり澄んでいるので、
すぐにダイビングの虜になっちゃうはずです。
ネットでチェックしてみれば、
自分に合いそうなショップがきっと見つかると思いますよ。

それからもっとオススメしたいのは、
思い切って沖縄あたりまででかけて、
ライセンス取得にチャレンジしてみること。
南国リゾートを楽しみながらなら、
はじめてでちょっぴり怖いなんていう方でも、
楽しみながらライセンスを取ることができると思いますよ。

ちょっとだけお休みをとって、南の島にダイビング!
なんて、贅沢な休日の過ごし方ですよね。

Category: 海水浴とダイビング  Comments off

ボランティアダイバー

美しい海を泳ぐことはダイバーにとってとても幸せな時間ですよね。
しかし、海は綺麗なだけでなく、人間の残念な面を示す場でもあったりします。
海底におり重なるゴミの山。海の生物が生活するのにとても大きな問題となっています。
本格的なダイビングシーズン前には特に、海岸清掃ならぬ、海底清掃を行う地域もあるようです。海底にあるゴミを減らして行けば、海の自浄作用も高まり、美しい海になることでしょう。

一般的な海底清掃だけでなく、たとえば東日本大震災で大きな津波被害のあった三陸海岸では漁師との連携しながらボランティアダイバーが活躍しています。
陸上は既に綺麗にすることすすめられていますが、やはり海底は目が届きにくい場所なのでなかなかすすんでいないのが実情です。
三陸海岸ではワカメや魚介類が豊富な地域で、養殖も盛んに行われてきましたが、津波によって甚大な被害を受けました。がれきが沈む海は危険な地域でもあります。
過去の災害現場では潜水のプロが潜ったそうですが現在はボランティア意識の高まりにより、水中清掃活動を行うボランティアダイバーが沢山集まったのです。

2014年の3月には三陸海岸の水中清掃活動を進めてきた三陸ボランティアダイバーズの海中写真展が開かれ、震災直後ヘドロの舞って何も見えなかった海中に、現在ではカラフルな海の生物が戻って来ているよる様子を見ることが出来ました。
特に変化が大きいのが養殖施設だそうです。

海を汚すのは人間ですが、海の美しさを守るのはやはり人間。
美しい海に行って美しい海を堪能するのもイイですが、自分の身近な海に行って海を美しく変えていくことも考えてみたいですね。

Category: 海水浴とダイビング  Comments off

海水浴で事故に合わないように

夏になって、海水浴に行く機会も増えていることでしょう。
特に猛暑日には水を浴びて楽しみたい方も多いのでは。
しかし、毎年のことですが、水難事故も出ており、安全に遊ぶために注意はです。
水場は危険もあることも理解しなければ、死亡事故にもなりかねないことをニュースでも感じるのではないでしょうか。

まず、小さなお子さんがいる場合には、目を離さないことが大事です。
波打ち際の水深が20㎝にも満たないところでさえ、子供の死亡事故は起こります。
海では浮輪をつけているから大丈夫だと思っていても、
何かの拍子でひっくり返ってしまい、足が付くところでも溺れて死んでしまうことがあるのです。
お子さんと安全に海水浴をするならば、
一緒に遊んで相手をすることも良いのではないでしょうか。
とはいえ、子供の体力に大人が追いつかないこともあるでしょう。
その時は絶対に目を離さないつもりでいましょう。

水辺の事故で多いのは、安全管理を怠ったからということが多いです。
また、放送等もきちんを聞くようにしましょう。

大雨があった翌日等は、その場は晴れていても、上流ではダムの水が増えて放流しなければならないという場合があります。
河原等であそんでいたら、いきなり水量が多くて中州に取り残されたり、
流されてしまったりといった事故も起きています。
海でも高波など起こる場合がありますから、注意が必要です。

夏の思い出を良いものとするために、水辺の安全管理は徹底するようにしましょう。

Category: 海水浴とダイビング  Comments off

夏の体験ダイビング

海外のとある海の写真を見たのですが、恐ろしいほどの透明度でした。
なんと映っている船の影が、海底のすなに映っているのが見えるんです。
まるで合成写真のような不思議な自然の景色は、見ているだけでビックリする素晴らしさです。
この海にダイビングしている人の姿も影が出来、船も影が出来るので、なんだか空中に浮かんでいるかのような不思議な光景になっているんですよ。

沖縄の海を見ると、南国の海の素晴らしさがわかりますね。
写真でみた海は実は生き物が住んでいないために海の透明度が高くなっているのだそうです。生き物が住んでいると、海は濁ってしまうもの。

沖縄の海は海の美しさと生命のバランスが取れていて、写真ほどの透明度はありませんが、南国の海に住む魚たちを見ることが出来るのです。

体験ダイビングでは、魚にえさをあげたりする体験コースもあるようですから、海の生き物と触れ合いたいという人はおすすめですよ。
特に、マンタやカメ等はよく集まる海域もありますから、
本物を近くで体験したいという人は、体験ダイビングのコースを探すといいでしょう。

旅行で実際に生き物と触れ合い、それからダイビングにはまったという方は多いです。
海のキレイさだけでなく、癒される空間が海にあることは確かだと思います。
夏はダイビングの絶好の機会でもあります。
沖縄だけでなく日本全国でダイビングスポットをチェックして行きたくなりますね。

Category: 海水浴とダイビング  Comments off