海を見て、ダイビングをして

初めて海を見た時の感動は覚えていますか?

人によっては海が身近な人は毎日見ているでしょうし、海を全く見たことがなかった人もいるでしょう。
でも、毎日見ていても海を見るたびに感動しますし、初めて見たのならばなおさら海に魅せられてしまうのではないでしょうか。
ただ海を見ただけでも感動するのですから、海の中を見たらどう思うでしょう。

海でダイビングをするときにはまたさらに違った驚きがありますよね。
波しか見えてないかった海の中で、こんなにも生命にあふれているとは思いませんでした。
テレビで海の様子を見たことはありますが、自分で見るとまた違います。
海は命の源だといわれていますが、海でダイビングをして深く納得したことを覚えています。


http://www.ordif.org/

diver - ダイバー 画像

サイトマップ
これまでのレポート詳細はこちらで

命の海をダイビングほど身近に感じられることはあるでしょうか?

小さなころ、水着になって海を泳いでみたときは、海の中を見ている余裕がありませんでした。
浮き輪をつかんで漂いつつ、海岸へ次から次へと打ち寄せる波にずっと喜んでいたものです。
夏の海は人が多くてまるでイモ洗い状態で、海の中で目を開けてみたのときは、大波をかぶっておぼれそうになったときくらいでしょうか。
砂が舞って視界が悪くて、目の前の様子さえよくわからなかったのを思い出します。
父親が浅瀬でおぼれそうになっている自分の背中を引き上げてくれて、何がおこったのかぽかんとしていました。
海で泳いだ後についた水着の跡が日差しの強さでもあり、夏の日の勲章でもあったと思います。

ダイビングをしてみると、視界良好のおすすめスポットで泳いだときのクリアな感覚はいいですね。
海の生き物をまじかに見た時も感動してしまいました。

そしてあの浮遊感。
ダイビングをしていると、重い身体から解放されて、新しい姿になった気がします。
もちろんウエットスーツや機材などのを用意して海に入る前は重たくて仕方ありませんが、海に入るとあんなにも自由になれると思いませんでした。
冬でも海で泳ぐなんて狂気の沙汰だと昔は思っていましたが、ダイビングを知ると冬の海が素晴らしく感じるんです。
あの透明感はいいですよ。
そして冬も海はいきているんだなぁってじんわりと感動するんです。

海が好きな人、ダイビングが好きな人、そして自分のダイビングのメモ帖として、海、ダイビング好きの情報サイトを作ることができればと思います。
素敵な海をもっと知りたい。
海やダイビングの情報を共有したい。
そして誰かにこの感動と分かち合えたらそれが喜びです。